クッシャレラ OWNERS BLOG 風の広場

いよいよ冬本番かな?

今日は朝から雨です。寒さが緩んだ分雪が降らず雨になったのでしょうか。一進一退、外気温も0℃近くを行ったりきたりしています。いよいよ冬本番です。昨夜、今シーズン初めて薪ストーブの火入れをしました。炎を見ているとなんとなく心が落ち着きますね。心も身体も暖かくなります。

シラカバも裸になりました!

街路樹の葉がすっかり散りました

クッシャレラ周辺はすっかり秋の装いです。と言うより冬間近の雰囲気です。シラカバの葉もすっかり散り、見通しがよくなりました。屈斜路湖の湖面もペンションの窓から見えるようになりました。これから寒くなると湖面を渡ってくる風が一層冷たさを増します。

ハクチョウの数が増えました

ハクチョウたちの数が増えました

屈斜路湖に飛来する白鳥の姿が増えました。温泉が流れ込んで暖かいコタンの露天風呂近くでは現在、ざっと200羽が羽を休めています。その内のほとんどが本州へ渡りをせず、越冬します。しばらくはハクチョウ観察が楽しめそうです。

金色に輝くカラマツの紅葉

カラマツ林の紅葉は金色の世界です

北海道に多いカラマツが今紅葉の季節を迎えました。金色に輝き、防風林の一帯は黄金色に輝いて見えます。松といえば常緑樹で紅葉もせず、葉も落ちないはずですが、カラマツは違いました。金色の落ち葉は朽ちることなく道路いっぱいに広がり、厄介者扱いとなっています。

ハクチョウ飛来

 

ハクチョウの飛来、いざ畑へ

今年もシベリア方面からたくさんのハクチョウが屈斜路湖にやって来ました。朝夕は湖近くの畑で落ち穂拾いに懸命です。長旅で消耗した栄養補給をしているようです。このまま屈斜路湖畔で越冬し、春まで滞在します。コタンの露天風呂につかりながらハクチョウを眺めるのもここだけの楽しみです。まさにハクチョウの湖です。

紅葉まだまだ見られますⅡ

「道道52号屈斜路湖畔線」沿いの見事な紅葉のトンネル

 屈斜路湖畔から摩周湖の展望台を結ぶ観光道路の道道52号沿いには見事な紅葉のトンネルが連なっています。周辺は温泉が豊富で地温が高く、紅葉は例年遅めにやって来るようです。やっぱり北海道の紅葉はスケールも違います。11月上旬までは楽しめそうです。

紅葉真っ盛りです

クッシャレラ周辺では今、紅葉が真っ盛りです。前庭の小さなモミジの木も真っ赤に色付き彩りを添えています。ペンションの近くには温泉が豊富に湧き出ており、地温が結構高いことから例年、紅葉のピークは遅めです。屈斜路湖畔を通る道道52号線沿いは紅葉のトンネルのような場所が何カ所かあり、しばらくは楽しめそうです。

北海道から大阪へ

10月15日、北海道から大阪へお祝い事がありやって来ました。もう冬服でよいだろうと考え冬服で旅立ちましたが、北海道からみると大阪はまだまだ夏でした。移住して10年近く経つと体はすっかり北海道モード、大阪の気候には中々なじめません。逆に今度、北海道に戻ったときの反動が怖いです。週明けには平地でも雪が積もるかもしれないと言う予報が出ていましたが、まだ夏タイヤのままです。大丈夫かなー。

秋本番です。寒くなりました

いよいよ秋本番です。気温も朝晩は10℃前後にまで下がり、一気に寒くなりました。短い夏から秋へ、季節もあっという間に一気に進みました。これから長くて寒い冬の始まりです。昨年は暖冬気味で、屈斜路湖の氷も薄く張っただけでした。さてさて、今度の冬はどんなシーズンになるのでしょう。