クッシャレラ OWNERS BLOG 風の広場

異常気象なんでしょうか?

12月も間近というのに、今年の北海道、特に道東は寒くなったり暖かくなったりと天気がはっきりしません。雪もチラつくものの全く積もる気配がありません。やっぱり異常気象なのでしょうか? 日本海側の小樽や岩見沢などではそれなりの雪が降り、スキー場のオープンの知らせもありました。吹雪による高速道路の通行止めもありました。ところが、クッシャレラ周辺は好天続きで拍子抜けの状態です。やっぱり北海道は「でっかいどう」、広いです。

雨が降りました

未明までの雪が朝には雨になりました。朝の気温も6℃まで上がりました。この気温、東京や大阪では寒いのですが、北海道ではここ数日で10℃近くも暖かくなりました。明日からはまた、寒波がやって来るとか、またまた薪ストーブの出番となりそうです。

いよいよ冬本番かな?

今日は朝から雨です。寒さが緩んだ分雪が降らず雨になったのでしょうか。一進一退、外気温も0℃近くを行ったりきたりしています。いよいよ冬本番です。昨夜、今シーズン初めて薪ストーブの火入れをしました。炎を見ているとなんとなく心が落ち着きますね。心も身体も暖かくなります。

平野部にも雪が降りました

西高東低の冬型の気候となった16日、北海道の平野部にまとまった雪が降りました。日本海側の岩見沢にはなんと50センチ近い大雪が降りました。11月にしては珍しい大雪です。

クッシャレラ周辺は昨夜から今朝にかけ、うっすらと雪が降りましたが、8時過ぎには消えてしまいました。日本海側から来る雪を大雪山などの山並みがブロックしてくれたようです。雪こそ少なかったものの、一日中寒く、今も気温はマイナス3度! いよいよ本格的な冬の始まりです。今日、車のタイヤをスタッドレスタイヤに交換しました。

シラカバも裸になりました!

街路樹の葉がすっかり散りました

クッシャレラ周辺はすっかり秋の装いです。と言うより冬間近の雰囲気です。シラカバの葉もすっかり散り、見通しがよくなりました。屈斜路湖の湖面もペンションの窓から見えるようになりました。これから寒くなると湖面を渡ってくる風が一層冷たさを増します。

ハクチョウの数が増えました

ハクチョウたちの数が増えました

屈斜路湖に飛来する白鳥の姿が増えました。温泉が流れ込んで暖かいコタンの露天風呂近くでは現在、ざっと200羽が羽を休めています。その内のほとんどが本州へ渡りをせず、越冬します。しばらくはハクチョウ観察が楽しめそうです。

金色に輝くカラマツの紅葉

カラマツ林の紅葉は金色の世界です

北海道に多いカラマツが今紅葉の季節を迎えました。金色に輝き、防風林の一帯は黄金色に輝いて見えます。松といえば常緑樹で紅葉もせず、葉も落ちないはずですが、カラマツは違いました。金色の落ち葉は朽ちることなく道路いっぱいに広がり、厄介者扱いとなっています。

雲海に浮かぶ屈斜路湖

雲海に覆われた屈斜路湖

雲海に浮かぶ屈斜路湖がきれいです。朝の冷え込みが続くと霧が発生し雲となって屈斜路湖を覆います。美幌峠の展望台などから見るとまるで珈琲カップにホイップクリームを流し込んだような光景が広がります。自然が創り出す造形はスケールが大きく、見事です。

ハクチョウ飛来

 

ハクチョウの飛来、いざ畑へ

今年もシベリア方面からたくさんのハクチョウが屈斜路湖にやって来ました。朝夕は湖近くの畑で落ち穂拾いに懸命です。長旅で消耗した栄養補給をしているようです。このまま屈斜路湖畔で越冬し、春まで滞在します。コタンの露天風呂につかりながらハクチョウを眺めるのもここだけの楽しみです。まさにハクチョウの湖です。