クッシャレラ OWNERS BLOG 風の広場

ジャガイモの花が咲きそろいました

畑一面を真っ白に染めてジャガイモの花が咲きそろいました。今年は天候不順で気温が上がらず、晴れの日も少なかったため開花が遅れていました。ここ数日の夏らしい天気でやっと花が咲きそろい、広い畑に白いじゅうたんを敷き詰めたようです。ジャガイモの花は白だけでなく、ピンクや紅色など種類によってさまざまです。実りの秋の9月には収穫が始まります。新ジャガが楽しみです。

咲きそろったジャガイモの花

暑いです。一転本土並みに!

28日、道東でもいたるところで30℃を超え、ムシムシと暑くなりました。普段暑さに慣れていないだけに身体にこたえます。この暑さでやっと庭のトマトも実をつけ始め、間もなく収穫できるかな、という段階になりました。周辺の畑のジャガイモなどの花がきれいに咲きそろいました。この暑さも来週の前半までとか、早く北海道らしいさわやかな夏に戻ってほしいです。

道東は寒いくらいの陽気です

本州では各地で猛暑日を記録していますが、ここ北海道・道東は日中も20℃を超えず肌寒いような陽気です。よく分からないのは北海道電力が本州の電力会社に横並びで、電気使用量がピークを超えたら計画停電を実施しようとしていることです。この分だと十分乗り切れそうなのですが、お客様商売にとっては実際に計画停電が実施されると困りものです。北電おまえもか、悪乗りするのはやめて!と言いたいですね。

弟子屈(川湯温泉)で10・6℃

北海道、特に道東は寒いです。7月も下旬だというのに、1日中10度前後の気温となりました。九州では大雨に加えて台風の被害で大変なようですが、北海道は全く違う国のような天気が続いています。このまま過ごしやすいのは歓迎なのですが、庭のトマトも赤くならず、収穫が出来ません。畑作農家の皆さんも頭を抱えています。

さわやか北海道、夕焼けがきれいです

本州の集中豪雨をよそに、北海道では雨もあがりやっと爽やかな季節となりました。屈斜路湖畔から見る夕焼けがきれいです。道東では気温も昼間で約20度~25度、夜になると今も14度しかありません。窓を閉めないと寒いくらいです。エアコン要らずの熱帯夜知らず、うだるような暑さに見舞われている本州の皆さまには申しわけありません!

さわやか北海道、夕焼けがきれいです

ハーブ畑が賑やかになりました

パッとしないお天気模様だった道東ですが、やっと晴れ間がのぞくようになりました。おかげでクッシャレラのハーブ畑のハーブたちも大きく成長しました。イタリアンパセリやルッコラ(ロケット菜)、ローズマリー、スイートバジルなどの成長が著しく、賑やかになりました。文字通りの無農薬育ちで、毎日お客様の食卓を飾っています。

ハーブ畑が賑やかになりました

すっきりしない7月の幕開けです

梅雨の無いはずの北海道ですが、すっきりしない7月の幕開けとなりました。7月に入ってからも雨が多く、摩周湖もほとんど姿を現しません。気温も高めで蒸し暑く感じる日が多く、さわやかなはずの北海道がうそのようです。原発事故以来、北海道でもご多聞にもれず節電問題が賑やかですが、まだエアコンのお世話になることはありません。夜になるとスーッと気温が下がり寒いくらいになります。東京や大阪などにお住まいの方には申し訳ないのですが、熱帯夜なんて縁のない話です。避暑がてらクッシャレラへお出で下さい! お待ちしています。

北海道が日本で一番暑いなんて!

昨日(6月30日)に、北海道・名寄市と富良野市でなんと33・7℃を記録しました、日本中で一番気温が高かったそうです! 屈斜路湖畔でも30℃を超えました。それでも日が落ちて夜になると気温がすーっと下がり、肌寒くなります。やっぱり北海道です。当分は北海道でも暑い日が続くようです。この好天続きで、オホーツク沿岸の原生花園ではエゾスカシ百合やハマナスなどの花が咲きそろい、見ごろとなっています。