クッシャレラ OWNERS BLOG 風の広場

台風17号が心配です

台風17号が強い勢力を保ったまま北海道方面に向かっています。台風情報によると、今夜から明日(10月1日)午前中にかけて三陸沖から北海道・釧路沖に到達するようです。

釧路地方には大雨警報などが出されました。本州と北海道を結ぶ交通機関にも大きな乱れが出ているようです。コース次第で道東方面への影響ははっきりしませんが、気になります。明日の航空便で東京方面に帰られるお客様もおられますので、欠航などの影響が出なければいいのですが心配です。

姿を消した中国からの観光客

尖閣諸島の国有化でギクシャクしている日中問題ですが、そのとばっちりが道東の温泉街にも影を落としています。屈斜路湖畔の砂湯でも、夏休み前には中国からの観光客を乗せた観光バスが数多く見られたのですが、今は全く見られません。川湯温泉などのホテルからもばったりと中国人観光客の姿がなくなりました。小さな道東の観光地までが政治の問題に振り回されるのは困ったものです。尖閣問題が今後どうなるのか、ソフトランディングで解決されるよう願っています。

さわやかさ、いっぱいです

9月になっても気温が下がらず、あれほど暑かった北海道の夏もやっと終わったようです。ビックリしたのは分厚い無垢の木仕上げのメインホールの玄関扉が、異常な湿気のため膨らんで閉まらなくなった事です。こんな事は初めてでした。涼しくなって湿気も落ち着き自然と直りました。ちなみに現在の気温は19℃、湿度は47%です。これが本来の北海道の「姿」です! さわやかで過ごしやすいのはいいのですが、すぐに寒くて厳しい冬がやって来るのを考えると大変です。

いよいよ秋の出番です

道東にも本格的な秋がやって来ました。最高気温も20℃どまり、窓を閉めて就寝しないと寒い時期になりました。

ぼちぼち薪ストーブ用の薪の準備も必要です。遅れてやって来た今年の秋も異変続きです。海水温が例年より高く、秋サケやサンマの水揚げが不調で高値を呼んでいます。

また、ジャガイモやタマネギなども収穫が例年より1~2週間も遅れています。異常気象の影響が北海道の地にも大きな影を落としているようです。

やっと北海道らしくなりました

やっと北海道らしくなりました。昼間の気温も20℃前後、夜になると12、13℃まで下がります。長かった夏がやっと終わったという実感です。今年の北海道は異常でした。9月になっても気温が高くて蒸し暑く、北海道らしからぬ気候でした。

阿寒湖近くの紅葉の名所、オンネトーを訪れたお客さまによると、紅葉どころかまだ青々とした葉がいっぱいだったとか、紅葉もこの分だと10月下旬になってから始まるのではないかと思われます。

この時期、どのような服装をしていったらいいのか、と言う問い合わせをよくいただきます。朝晩は冷え込みもきつくなりました。長袖シャツやブラウスはもちろんですが、薄手のウィンドブレーカーなどをお持ちいただいた方が安心です。

これで本物の秋になって!

道東では21日、日中でも気温が20℃前後にまで下がり、やっと本物の「秋」となりました。湿気のため、膨らんで閉まらなくなっていたメーンホールの玄関ドアもやっと閉まるようになりました。

夜になると、窓という窓をすべて閉じないと寒くなりました。ちなみに外気温度は12℃です。寒いはずです。予報では22日の屈斜路湖畔は23℃前後の気温です。摩周湖などでは標高が高く、風も強いのでウインドブレーカーや長袖シャツのご用意をおすすめします。

このところ、しのぎやすくなったと思ったら、翌日にはまた急に蒸し暑くなったりと不安定な空模様が続いています。予約をいただいたお客さまから「どんな服装をしていったらいいのですか?」との問い合わせをいただきます。週末からは天気も安定し、秋らしくなりそうです。日中は暑いぐらいの陽気でも、朝晩は気温が下がり、15℃前後になります。半そでシャツだけでは寒いです。必ず長袖シャツ一枚余分にお持ちになるようお奨めします。

敬老の日の3連休が始まりました。ペンションはおかげさまで満室となりました! 昨日までの暑さが一段落したようで、屈斜路湖周辺は昼間も20℃前後としのぎやすくなりました。暑くなったり、涼しくなったりと一進一退の綱引のような天気が続いています。まもなくお彼岸の入りです。さすがの暑さもあと少しの辛抱です。これから道東へお出でいただく皆さん、長袖シャツを1枚、余分にお持ち下さい。

この蒸し暑さ、何とかして!

この蒸し暑さ、なんとかして! 北海道、それも道東ではとっくに秋本番となっているはずなんですが、毎日暑い日が続いています。大型の台風16号と北海道にまで張り出している真夏の太平洋高気圧が居座っているためらしいです。台風が通過する20日前後までは蒸し暑い日が続くようです。一足早い北海道の秋を求めて来ていただくみなさんに、なんだか申し訳なくてあわす顔がありません!

14日の釧路地方は気温がぐんぐん上がり、弟子屈で29・1℃と9月の半ばとしてはむちゃくちゃな暑さとなりました。おまけに、太平洋高気圧に覆われたためか、ムシムシと蒸し暑く大変な一日となりました。ここ数日はこんな蒸し暑さが続くとか、しばらくは本州並みの天気となりそうです。ただ、朝晩は気温が下がり、過ごし易くなるのが救いです。

それでも周囲の光景はもうすっかり秋の様相です。フロントの写真も秋バージョンに入れ替えました。どうぞご覧になってください。